磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八丈小島セイズコウにて~2011年釣り初め(第1日目)

さあ、2011年の釣り初め、場所は昨年と同じ八丈島です。
当初、9日の朝一便で行き、翌日10日の最終便で帰る予定でしたが、天気は下り坂の予報…。
そこで少しでもナギの良い9日を有効に使うべく、行きの飛行機をキャンセルの出た8日の最終便に変更、「前乗り」にしました。急だったのでいつものもろこやさんは空きが無く、八丈ビューホテルで1泊です。

ウキウキたまらない夜を過ごすはずでしたが、実は、年末からひいた風邪が治っていません。のどと鼻の奥の痛みが辛い…。40になったとたんの体調不良、しかも、なおりゃしねえ…。年取るってほんと嫌…。でも、おかげで去年のような暴飲暴食せずに大人しく寝たので、朝は大丈夫でした。(←何が?)

しかし、目を覚ますと、相当な風の音。窓ガラスがガタガタ揺れています。最近八丈では荒れたといってもなんとか渡船ができる程度で済んでいたのですが、久しぶりに渡船自体が危ぶまれる天候です。
P1090573.jpg 船は出るかしら…と不安げなはじめ。

港に集合した我々に、優宝丸船長の第一声は「この様子では、8~9割は渡船無理!でも中止はしません!」という、なんだか訳のわからない宣言。そしてその後は「地磯も混みあうだろうから、さっさと行ったほうが良いなあ」などとぶつぶつ言っています。このあたりから心理戦が始まります。船長的には、「(渡船は出したい…でも、ナギのせいで多人数での渡船は無理…、少し減ってくれないかな…)」ってところです。釣り人たちも、充分それを理解しているので、お互いの様子を窺っています。たしかにみんな渡船したいですものね。でも、徐々に“さっさと地磯に行く派”と“なんとか渡船派”に分かれてきます。結局、18名の精鋭(≒お馬鹿)が残り、八丈小島へ向かいます。

[当日の海況]
天気:曇りのち雨
風向:南西の風強い
波高:2mのち2.5m
潮位:中潮(満潮 8:30 145cm 、干潮 14:00 87cm)
水温:20.3℃

上がれる磯は、横瀬、セイズコウ、宇津木の階段と限定されています。といっても磯決めは悩むもの…。いつもなら、「はじめ君にまかせた!」と下駄をあずけるのですが、今回は前々から初日の場所は僕が決めることになっていました。するとはじめ君、案の定「まかせた!」とあずけてきます。いやあ、これはじつに嫌な気分だ!今まで「どこでも良いよお。文句なんて言わんから。」という軽い気分で任せていましたが、いざ任されてみると責任重大…。はじめ君の気持ちが、ようやくわかりましたよ。これからは一緒に決めようね!

で、結局選んだ磯は、セイズコウ。昨年と同じスタートです。
理由はふたつ。
その1。去年釣れたから。(ちびシマアジと口太でしたが…)
その2。荒れたセイズコウワンドは、ミニチュア版荒れたシモダテワンドであるから。
行ってみると、
P1090575.jpg  P1090574.jpg
おお、洗濯機のようなワンド!狙い通りです。ワンドに向かって二人でならび、ビールでお清め。今年の安全と釣果をお祈りしました。
さあ、儀式は終了。いよいよ、本年の釣り初め、プレイボール!です。

[本日のタックル]
竿:がまかつ マスターモデル尾長XH-50
リール:ダイワ トーナメントISO-Z3000LBD
道糸:ダイワ アストロン磯グレート サードギア マーキングサイトレッド 4号
ウキ:丹羽ウキ 3L B
   ダイワ プロバイザーOKスペックII L-0~3B
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム4号→2.5号
はり:キンリュウ グレ(メジナ) 11号→9号
   がまかつ 尾長くわせ8.5号→8号→7.5号
コマセ:オキアミ 12kg
配合餌:マルキュー 遠投フカセTR
付け餌:マルキュー 生イキ君ツインパック L

昨年はペタナギで無反応なワンドでしたが、今回も荒れてるけど無反応。たまにオキアミがかじられている程度でアタリがありません。開始2時間粘るも沈黙…。はじめ君もベラが1匹釣れたのみで苦戦しています。こんなときは、ガツガツせずに一休み!はじめ君のポットでお湯を沸かして…
P1090579.jpg じゃ~ん!
やっぱ、コレだよね~、冬の磯のカップ麺!間違いない!ちなみにはじめ君は、“カップ焼きそば”。お相伴いただきましたが、これまた絶品!においがたまらんでしたよ!

身も心も温まって、優しい気持ちで後半戦スタート。ガツガツしないといっても、やっぱりなんか釣りたい。頑張っていると、ついにウキがシモリます。あわせると、竿に重さが感じられます!本年、ファーストヒット!でもあまりひかないぞ…?上がってきたのは…
p1090561.jpg 君、誰!?
なんとウミヘビ!「初ヒットがうみへびだ~!」と騒いでいるとはじめ君に「それ、魚じゃねーし!」と突っ込まれます。「くっ…たっ確かに…」と返す言葉もありません…。
そうこうしていると、ついにはじめ君の竿に良いアタリ!
P1090580.jpg 本年初の口太くん。
42cmの口太。去年は僕に「口太で喜ぶなよ!」などと言っていたくせに、今年のはじめ君は意外とうれしそうです。やはり彼は現金な人です。
その後、僕にもついに初“魚”が!しかし、手のひらサイズの口太。さすがにリリース。サイズアップを狙いますがなかなかうまくいきません。ハリスを禁断の2.5号に落とし、針も小さく、オキアミも頭だけにして執念で狙っていると…、ついに道糸をはじく良いアタリ!引きも上々!!上がってきたのは…
p1090567.jpg きた~!
シマアジ君です!
型は大きくないですが、これはこれでOK!うれし~!その直後、ワンドの奥に入った同宿のo先輩も同型のシマアジ。間髪いれず僕に再度ヒット!すると同時にはじめ君にもヒット!ここにきて“シマアジ祭り”が開催です!僕は小さいけれどシマアジでした。ところが、はじめ君の獲物はなんとベラ!「がくっ」と腰が砕けるはじめ君。笑かしてくれます。
しばし、同宿のo先輩と一緒になって、はじめ君をあざ笑っていると案の定バチが当たりました。あっという間にシマアジ君たちはどこか別の磯へ…。はじめ君が執念で良型シマアジ1匹を釣ったところで、短い“シマアジ祭り”はお開きとなりました。僕は、これにて1日目の終了~!

はじめ君はその後も、超美味魚、アカハタを追釣して満足な1日でした。

[本日の釣果]
僕:シマアジ 37cm 500g、28cm 230g
  ゴイシウミヘビ 1m(指2本)
  ベラ 
はじめ:口太メジナ 42㎝ 1.2㎏、38㎝
    シマアジ 41㎝ 650g
    アカハタ 35㎝ 550g 
    ベラ

P1090581.jpg 写真を撮るはじめ君。それ、尾長じゃないですよ~だっ!


にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 19:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした。
いや~、やっぱり冬の八丈はなかなか海況が安定しませんでしたな。
三月はシモダテ、一の根、カンナギ、中根なんかに乗りたいね!
今回、私は磯焼きそばUFOの旨さにビックリしました。そのうち、磯でカレーライス!(藤原名人は定番のよう)もやってみようか!
そして5月も休み取ったぞ!

| はじめ | 2011/01/12 21:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isoduriniiko.blog107.fc2.com/tb.php/62-94a66e65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。