磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チキチキチキ(÷3)釣りレース!“エピソード3前編~タカベおじさん現る!”(7/31)

はい、お察しの良い方ならタイトルの“÷3”でピンときたと思います。
結局、今回のチキチキ釣りレース、レースどころかただの昼釣りとあいなりました。
色々とわけありなのですが、詳細は追ってお話しましょう。

さて、前回までのおさらいを。
このたび、わが親友はじめ君が不惑を迎えるにあたり、何かでっかいことをやろう!思い出作りをしよう!ってことで、
鵜渡根にて昼夜昼の33時間耐久釣り
を企画したわけですが、梅雨明け後の連日の猛暑にびびった我々は計画を縮小、昼夜昼の3シーズン制から昼夜の2シーズン制に変更し、渡船も冷房完備の豪華高速クルーザー“D.C.賀寿丸”をお願いして、神津でビーチパラソルの下リゾート気分で(?)のんびりイワシブツによる回遊魚狙いの予定でした。
このプランで素晴らしいのは、行き帰りの渡船が非常に楽なことです。通常の昼釣りの場合前日夜中に出発するので港での1時間の仮眠がせいぜいですが、賀寿丸の場合は行きから涼しい船内で爆睡できます。そして帰りも同様、火照った体をクールダウン、再度の爆睡で体力回復可能です。これなら40のおっさん達でも2回戦可能ですね。
ところが、前日夕方、無情の電話が…、「明日はナギが悪いので出船中止です。」と(泣)。
伊豆下田フィッシングも出船せず、この日は手石のひがし丸さんのお世話になることになりました。

[当日の海況]
天気:くもりのち晴れ
風向:南西の風やや強し
波高:2.5m→2mうねりをともなう
潮位:中潮(満潮7:46、146㎝、干潮13:57、53㎝)
水温:25.8℃

23時、東京出発。いつものサバルでコマセを購入。マダムに「今日はどうかしらねえ?」とややネガティブなアドバイスをいただき、“ほめると増長し、けなすとふてくされる”我々は若干気分を害しつつ手石港へ。しばしの仮眠の後、準備開始です。
僕は例の恰好で、ビシッと決めます!残留仮面ライダー兵に変身!!マジクールもひんやり気持ちいい~。
ふと、はじめ君を見ると…!?
P7310340.jpg
う~む、人のことは言えませんが、これまたいかがなものか…といういでたち。南方系カールおじさんとでもいいましょうか…。いずれにせよ、相当様子のおかしい二人組の誕生です。街を歩いたら3秒で捕まりますね…。

渡った磯は横根の裏本場脇。風はやや強いですが真後ろからなので釣りやすく、天気も曇りで涼しいです。さあ、season1昼釣りの部、プレイボール!

P7310344.jpg P7310342.jpg P7310341.jpg は~あ、お~らがぁのぉ♪



[本日のタックル]
竿:ダイワ シデンメガディス 1.85号53
リール:ダイワ トーナメント3000LBD
道糸:ダイワ アストロングレイトNT 2.5号
ウキ:ダイワ プロバイザーOKスペックII L-G2
   丹羽ウキ L-0号、G2号
   Duel 天狗ウキナビュー M/- M/0 M/+
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム2.5号
ハリ:がまかつ TKO 7~9号
   キンリュウ グレ・メジナ 6~10号
付け餌:ボイルオキアミ
    ヒロキュー 生イキくんツインパック L
コマセ:ボイルオキアミ 6kg
    アミ 4kg

餌取りは少なめ、それでもつけ餌の持ちは悪く手前は厳しい状況です。そんななか沖目を狙っていたはじめ君にファーストヒット!
P7310343.jpg
型は小さいですがイサキゲットです。いいな~!というわけで得意の他人のふんどし作戦炸裂!はじめ君のヒットポイントにつかず離れずの絶妙なポイントに仕掛け投入…すると、僕にも同型のイサキがヒット!しばらくして2匹目が釣れ、はじめ君を逆転!むふふっとほくそ笑んでいると、当然のように僕にはバチが当たりました。
はじめ君にはポツポツとイサキ、尾長が来ますが、僕の当たりはパッタリと止まってしまいました。天狗ウキで全層を狙っていたはじめ君に対し僕は半誘導。タナが深くなっていったのかな…?

しばらく煮詰まっていると二番船が到着。僕らの横にじいさんがやってきました。竿を見るとカゴが付いています。「なに!?そこでカゴ投げる気~?」とムッとしていると、じいさん5~6メートルのところに仕掛けを投入します。よく見るとブリッジ仕掛けのよう。はえ縄サビキ釣法って感じです。へぇ、と思って観察しているとあれよと言う間に、ポンポンとタカベ、イサキを釣り始めました!タカベじじいの登場です!どうやら、下田沖磯群にはタカベじじいが生息している模様。種族は違いますが、15年たっても絶滅していません!
それを見て僕の中で眠っていた血が目を覚ましました。そうです!僕はタカベじじい“のべ竿族”の末裔だったのです!!(石取根のタカベじいさん参照)仇敵タカベじじい“ブリッジ仕掛け族”には負けていられません!すっくと立ち上がった僕は、兄から受け継いだ(←盗んだ)伝家の宝刀“がまかつの渓流竿(中硬)”にハゼ釣り玉ウキ仕掛けをセットし、鼻息も荒く「いざ、勝負!」とじいさまを睨むと、あれれっ?じいさまがいません。「ふふふっ、さてはのべ竿族に恐れをなして逃げたな?」と思っていたら、はじめ君によると「潮位が低くなりすぎたよう」といって移動したとのこと。じゃあ、じいさんのいた所に入ろうっと(^o^)!

コマセをアミベースにして渓流竿を振ります。するといきなり、スパッとウキが消しこみました!釣れたのは若干小ぶりながらもイサキちゃん。おおっ!のべ竿で初めて釣れた!しかも結構引く!なんだか面白いぞ!そしてしばらくは立て続けにイサキが釣れました。タカベこそ釣れませんでしたが、イサキの釣果はあっという間にフカセの分を追い越してしまいました。こうなると気分はちょっと複雑です。高い金払って磯竿やらリールやら揃えていますが、家に転がってたのべ竿と100円の仕掛けでポンポン釣れてしまうのですから…。

その後も結局、撤収までのべ竿で遊びました。イサキは中~小型ながらそこそこ数が釣れたので満足でした。しいて言えばタカベが釣れなかったのが残念!石取根のタカベじいさんに「うひゃひゃひゃひゃ、兄ちゃん、まだまだだよう!」と言われたようです。一人前ののべ竿族(!?)になるには修行が足りんようです!

[本日の釣果]
僕  :イサキ 23~28cm 7匹
はじめ:イサキ 23~28cm 12匹
    尾長メジナ 28~30cm 2匹

P7310346.jpg 記念写真をパチリ!

チキチキチキ(÷3)釣りレース!“エピソード3後編”に続く。


にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 18:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おちかれさん

いや~、我々らしいショボイ計画だったね~。そして、客観的に見て自分は「南方系カールおじさん」まんまだね。ナイスネーミング!

そうか、あの爺さんはタカベ爺さん族だったのねぇ~。あのバケが素晴らしいのだと思う。まんまアミと一緒だったもん。

魚もイマイチかと思いきやイサキも型の割には結構美味しかったし、尾長も脂乗ってたなぁ。

神津リベンジいつ行く?

| 南方系カールおじさん(爆) | 2010/08/03 18:56 | URL |

カールおじさん、お疲れさんでした。(あまり疲れてないけど!)
モチベーションの維持だったり、天候の問題だったり、なかなか計画通りには行かないものだね!まあでもいつか必ず、チキチキしよう!
神津島、行かなくちゃ!もし行けたら、ついに登場の慶良間ティ、爆発しそうな予感がするんだよね!
あと、ちょっと本気でタカベ狙いを研究してみようかと。
タカベじじいの末裔より。

| Gatchan | 2010/08/03 20:03 | URL |

G師匠

パーティーお疲れ様でした!またやりましょう!

タカベ狙い、いいですねぇ(^^) 焼いて良し締めて良し炙って良し、楽しみにしてます!(<何を?(笑))

| Dr.コトー | 2010/08/03 21:41 | URL |

お疲れ様でした^^;

諸事情により計画縮小残念でしたね^^;

タカベって検索してみました。
高級魚なんですね~

それにしてもやっぱり磯場って景色がいいです~

はじめさんのスタイルも素敵です(^o^)

同40代、宜しくです(^^)

| かず郎 | 2010/08/03 23:16 | URL | ≫ EDIT

Dr.コトーさん、おはようございます。
ご馳走様&お疲れ様でした。またやりましょう!

| Gatchan | 2010/08/04 09:02 | URL |

かず郎さん、おはようございます。
結果的にただの昼釣りで終了しました。エピソード3後編で帰還にいたる経過をお知らせしますね!(どーでもいい?)

タカベ、僕は数回しか口にしたことがないのですが、すげー旨いですよ!釣り方がちょっと…ですけど。(笑)

今回は暑さ対策色々講じましたが、本当に涼しくて(都内に帰ってからのほうが暑く感じました)、かなり企画倒れでした。
でも、熱射病になってからでは遅いので、まあよしと考えています。

これから夏本番、我々40のおっさん、体をいたわりましょう!

| Gatchan | 2010/08/04 09:08 | URL |

最初の写真の「南方系カールおじさん」のはにかんだ笑顔がとても素敵です(笑)

私も先日に家族で南房へ遊びに行って気付きましたが、海辺って内陸よりも涼しいんですよね~。
逆に海から離れていくごとに気温も上がっていきました。
とは言え、結局はどちらも暑いことに変わりはありませんが(;^_^A

イサキ他はまずまずでしたが、タカベは残念でしたね。
そのタカベじいさんとの違いは何なのでしょう?
今後の研究の成果を期待してます^^

お疲れ様でした!

| masaya | 2010/08/04 13:59 | URL | ≫ EDIT

masayaさん、こんにちは。
今回の横根は、風が湿度を飛ばしてくれていたようでしたね。
その後の、Y田集落は3方山に囲まれた地形のため風が抜けないせいか、海沿いでもジトッとよどんだ空気で暑く感じました。
その気候のため、なんだか秘境に迷い込んだ気がしました。

タカベじじい(ブリッジ)の仕掛けで気になったのはスキンですね。はじめいわく、そのじじいは有名名人で、どうやら独自の作らしいです。

| Gatchan | 2010/08/04 15:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isoduriniiko.blog107.fc2.com/tb.php/44-c1634127

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。