磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八丈島で釣り初め(第3日目)

結局初日は口太にシマアジと、お土産としてはGOODですがイマイチの釣果でした。その晩は泣きの延長をするか熟慮しましたがやはり大人の選択で予定通り今日の最終便で帰ることにします。6時30分出船の14時上がり。正味6時間が勝負です。今日は平日なこともありお客さんは少なめ。昨日はシモダテは満員でしたが釣果はぱっとしなかったとの事です。一日置き爆釣の法則(そんなんあるんか?)を信じシモダテに決定!
今日のシモダテには全部で5名。ほぼ独占状態です。われわれ以外の2名はひとりは船付けからかごを、ひとりは奥のワンドでふかせをはじめます。我々は裏のワンドに行きました。masayaさんは左側、はじめは右の対岸に、僕は一番奥に入りました。
[本日のタックル]
竿:がまかつ マスターモデル尾長XH-50
リール:ダイワ トーナメントISO-Z3000LBD
道糸:シマノ POTENSSIVE FIREBLOOD 4号
ウキ:ダイワ プロバイザーOKスペック?L-0
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム4号
はり:がまかつ 尾長くわせ8.5号、TKO10号    
p1120277.jpg

今日は昨日のようなバラシを食らわぬよう4号からは落とさず、場合によっては6号まで辞さず!の気合で望みます。そしてナギもなかなかいいので0号ウキにノーシンカー。
が、ワンドの奥は手前のはえ根がきつくいまいち釣りにくい…。両サイドでは二人が快調に竿をまげて行きます(結果的には口太だったけど)。かなり気持ちが焦り、さらには、あたりも無いのに根掛かる始末…。このままではいかんと場所移動。ちょうどかご師が移動したあとの船付けにもぐりこみました。
潮は左手前の割れ目から右斜め沖に向かって流れています。まずは、際狙い。ガン玉で際に張りつけつつ落としていくと…キター!いきなりヒットです!何度も突っ込まれひやひやものでしたが、どうやらしっかり口にかかっている様子。あげてくると…玉網が届かない(泣)。突っ込まれているときに根ずれたらしく、ウキクッションが相当高くなってしまい巻けなくなってます!仲間を呼ぶにも遠すぎるので、右手は高ーく上に、左手は下に…何とか取り込めました。良かった~。なかなかの型の尾長でした(^^)。その後もねちねち際を攻めますがえさ取りのハギが寄ってしまいお手上げ状態に。そこで沖の潮筋を狙って投げてみます。すると…またもや一発目でキター!今度もなかなかの引き!あがってきたのはほぼ同型の尾長でした。
onaga.jpg
その後みんなで並んで船付けで竿出。はじめには50cmの尾長が、子シマアジも結構釣れ、お土産も十分確保したところでタイムアップ。
p1120284.jpg p1120280.jpg
[本日の釣果]
僕:尾長めじな 51cm1.9kg、50cm1.7kg
  シマアジ 28~30cm、計3匹
はじめ:尾長メジナ 50cm1.7kg
    口太めじな 42?1.4?
    シマアジ 43?830g1匹、30?級3匹
上手な釣り人であれば、もっと数、型が伸びたでしょうが、僕には十分でした!ありがとう、八丈島!またよろしくお願いします。
ちなみにこの日は一の根で62cmがあがっていました。素晴らしい!おめでとうございます!
スポンサーサイト

| 釣行記 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isoduriniiko.blog107.fc2.com/tb.php/4-f58ea75c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。