磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

式根島、鯛房岩にて(3/28)

今回は、海外出張中に一時帰国しているM君と、はじめ君、僕の久しぶりの三馬鹿集合です。
27日23:30、横浜出発、サバルにてコマセを購入して、28日2:30に下田港到着。
向かうは鵜渡根。伊豆下田フィッシングの喜久丸をさがしていると、「今日は七島丸でお願いします」とのこと。
これはショック!なぜなら僕はかなりの船酔い体質で、ただでさえ長い地獄の航程、七島丸は喜久丸より船体が小さいのでさらに揺れること間違いなし。ピンチです!4:30出船。せっかくの久しぶりの3人集合釣行、船中いろいろおしゃべりしながら…なんて考えはあっさり捨て(みんな、すまぬ)、早々に船室にもぐりこみ強制睡眠に入りました。
エンジン音の変化でめをさますと、軽い嘔気程度で済んだ様子。やれやれと思いながら船室から這い出ると、「ん?ここはどこ?」という港の景色。時計を見ると7:00。「新島じゃないし、2時間半もたってるし…???」と悩んでいると、式根島の足付港とのこと。鵜渡根がナギ悪く乗れず、新島も×、結局2時間半かけて式根の風裏へ、となったのでした。
P3280143.jpg 八丈、神津とは違う趣の式根の磯。

港で船を乗り換え、西に向かいます。風は北~北東、天気は曇り、水温は15.5度でかなり寒いです。先週の八丈島遠征と同じ格好でよかろうと安易に考えていましたが、八丈との緯度の差を忘れていました…。八丈は南国なのですね。ブルブル震えながら磯へ。乗ったのは鯛房岩(東)。様子を見に来てくれた伊豆下田の船長の細かい釣り座のオリエンテーション(船からマイクで怒鳴られる…「上に上がって!そこから左!違う違う!左!そうっ、そこっ!!」みたいな…基本優しいお人なんだけど声がでかいからおっかないんだよね)を受け、7:30釣り開始です。

[本日のタックル]
竿:ダイワ シデンメガディス 1.85号-53
リール:ダイワ トーナメントISO-Z3000LBD
道糸:ダイワ アストロングレイトNT 3.25号
ウキ:ダイワ プロバイザーOKスペックII L-G2
   Duel 天狗ウキナビュー L/- L/0 L/+
ハリス:ダイワ タフロングレイトカスタム 2.5号
はり:KINRYU グレ(メジナ) 10~11号
   がまかつ 尾長くわせ7.5~8.5号

船付けにM君、真ん中に僕、西よりにはじめ君が入りました。仕掛けはいつものOKスペックG2のパイロット仕掛けでスタート。開始早々、はじめ君に25cm級の尾長がヒット。すぐに僕にも同型がヒットしました。タナは3ヒロくらい。潮は左から右に流れ、沖には潮目が延びています。活性もまずまずの様子。
P3280144.jpg  はじめ君に“小”長。 P3280145.jpg M君は久々の日本磯。

船付けのM君はアタリすらないと苦労していますが、こちら側は立て続けに30cm前後が釣れてきます。しかしなかなかサイズアップできません。そこで、ウキをナビューに換え、沖の潮目付近に投入しました。ナビューは先週八丈で使い始めたのですが、八丈タックル用なので持っているサイズはLのみ。重くて大きくて、今日の竿には若干過負荷。回収時など、掛かってますか?というほど竿がしなります。数回投入したとき、道糸がパラパラパラ…と出て行きました。いい潮に入ったのかな?…やけに出て行くなあ…ん?アタリ?勢いないけど…と思って軽くあわせると、ウキの重さでよくわかりません!しばらく放置の後、えっちらおっちら回収してくると…、魚がついてました(^^;)。
             P3280147.jpg 33cmのイサキ。釣れていて良かった…。
きっと群れでいるに違いないと、おなじポイントに再投入しますが、すでにイサキさんたちはいらっしゃいませんでした(あんだけほっとけばねえ…)。
昼前になると潮が止まりだし、タナが深くなって、アタリが遠のきました。まずい、お土産…とあせり出したとき、ずどんと重いアタリが!妙に重いですが、尾長ではない感じ。あげてくると、お腹ポンポコリンの口太メジナでした!この時期ならまだ脂ノリノリのメタボ君で美味なはず!そして口太の自己記録更新です(^^)v。
p3280370.jpg いえい!満足!
M君側でもようやく尾長が釣れだし、40cm級の良型イサキもGetです。はじめ君は衣装選択をミスし、寒さとの戦い。釣りどころではなさそう。(八丈より軽装にしてしまったと…そりゃ寒いよ)
昼を過ぎると潮は完全に逆になり、スピードを増しました。ウキも猛スピードで目の前を通り過ぎ、はるかかなたへと流れていくようになりました。とことん流せば、何か来たかもしれませんが、これも勉強と目の前で何とかする釣りを練習…。しかし、なんともならず、寒さに集中力もとぎれ、はぐれイサキをもう一匹、お土産用の36cm尾長を一匹追釣して、15:00終了です。

P3280151.jpg 帰りの船中。M君とはじめ君。

[本日の釣果]
僕  :口太メジナ 46cm1.6kg 1匹(自己記録!
    尾長メジナ 36cm620g 1匹、25~35cm 多数
    イサキ   33cm395g、34cm450g 2匹
M君 :尾長メジナ 25~35cm 多数
    イサキ   40cm級 1匹
はじめ:尾長メジナ 25~35cm 多数

今回はナビューがいい感じでした。SサイズやMサイズだと面白そう。天狗ウキ本家より廉価でラインナップも少ないから収集癖に火がつきそうです。いやいや自重自重…。

P3280153.jpg みなさん、お疲れ様でした!


にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 17:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おちかれさん

いや~さむかったっぺ。いい口太だった。ほんと腕を上げましたの~。今年の尾長&口太部門第一位(DHC風に)だもんね~。私も負けないよう精進いたします。

| はじめ | 2010/03/29 21:01 | URL |

尾長メジナ部門の2連覇、そして今年は口太部門もいただいて、メジナ部門の完全制覇を狙いますよ~!
それにしても、どうも天狗ウキ系は相性が良さそうです。
一時期はまっていた全誘導に近いノリが好きかも…。
こうなると、ラインナップの充実している本家のほうがいいかしら…。
いやいや、自重自重…

| Gatchan | 2010/03/29 22:01 | URL |

磯へ行くには船酔いを克服しないとなんですね^^;
なるほどです!(行く予定は無いです)

記録更新おめでとうございます(^^)

楽しそうな釣行でうらやましいです!

| かず郎 | 2010/03/29 22:26 | URL | ≫ EDIT

かず郎さん、今回の鵜渡根や式根島が特殊な例です。通常の渡船はどこでもせいぜい15~20分程度の移動ですし、外洋には出ませんから波もそんなに強くないので、こんな僕でもあまり酔いません。
僕が磯釣りをしているのは、船酔いのため船釣りが出来ないからなんですよ…。

| Gatchan | 2010/03/29 23:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isoduriniiko.blog107.fc2.com/tb.php/28-0207b5f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。