磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西伊豆でもごんぶと君に出会った!

今回は鵜渡根、新島方面に遠征予定でしたが、あいにくの天候のため西伊豆方面の地磯Oに行くことにしました。この時期は真鯛もいるかも…。

13時東京発。三島の田中屋釣具店でオキアミ6kg+配合えさを購入、修善寺経由で西伊豆へ。西伊豆は遠い昔に小下田のとび島丸さんにお世話になって以来、久しぶりの場所で記憶はほとんど残っていません。同じ伊豆半島でも東、南、西で光景が違うことにびっくり、いかにも水深がある駿河湾です。景色にむかしTVでみた中国の桂林を思い出しました。「山の様子がアフリカのマウンテンゴリラの生息地に似ている!」とか「土肥の金山は掘りすぎて山の形状が変わったのだ!」とか、「本因坊とは人の名前なのである!」とか(本因坊さんの生家のそばを通った)、はじめが鼻の穴をふくらましながら力説するのを、ふむふむと拝聴しながら田子港に向かいます。

途中若干の渋滞にはまったこともあり港に到着したのは17:30ころ。天気は小雨が降ったりやんだり、あたりも暗くなってからの入磯開始です。やけに立派な遊歩道の入り口看板から山登り。20分ひたすら上ると釣人道に入ります…が、急斜面&濡れ落ち葉で滑る滑る!先行したはじめも悪戦苦闘しています。10分ほど降りた(滑落した?)ところで相談。30mロープも用意していましたがこれ以上は危険と判断、撤退を決定…。「来れるもんなら、かかってきなっ!」という西伊豆さんの強烈な先制パンチを喰らい、「すんません、出直してきますぅ」と、ほうほうの体で港に逃げ帰りました(←雨天&夜間&初見なので当たり前といえば当たり前)。
しかし、このまますごすごと帰るわけにはいきません。体力の回復を待ちつつ次の地磯に挑みます。向かったのはOからちょっと南下したOJ&N。ダメージの抜けきらない体、いきなり踏み込んでカウンターを喰えば二度と立ち上がれないでしょう。まずはアウトボックスで様子見をということで海水浴場駐車場から眺めると、結構な荒れっぷり…。「ここは今日の勝負処ではない。次回のための下見である!」と、次に向かいます。
最終的に向かったのは仁科のA崎。「磯道は整備されていて歩きやすい」という紹介文にもつられ入磯。歩いた感じはいつもの須崎のAより少し楽な道のりです。当初本釣場を狙いましたが入念な予習を怠ったためいまいちオリエンテーションがつかめないのと、南からのうねりがきつく南側の各磯は被りまくっており、竿出しは無理そう。北側に場所を構えました。

[本日のタックル]
竿:ダイワ トーナメントマスタードライ1.75号53HR
リール:ダイワ トーナメント2500LBD
道糸:ダイワ アストロングレートNT 3.25号
ウキ:釣研 電輝円錐2B→LFレーザー3B号→電輝円錐0号
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム 2.5号
ハリ:がまかつ カン付きチヌ 4号

20:30釣り開始。最初、僕は最も北側のワンドで竿出し。潮は左手からワンド内を循環するように流れており、サラシも適度にでています。暗闇ながら下は砂地のよう。クロデエがおるに違いないっ!とサラシの切れ目、際、ワンド内と狙っていきます…が、釣れてくるのは、海草と小枝、そしてゴミ…。はじめはサラシ場をねらいますが、こちらも生体反応無し。気温もぐんぐん下がりだし時折雨も混じります。
開始2時間が経過。いや~な予感がしだしたころはじめに待望のアタリ!あがってきたのはなんと、ごんぶと君ではありませんか!「ごんぶとだ~!」と歓喜するはじめ。普通のアジなら、メジナを狙ってるのだが…と言うところですが、ごんぶと尺ちゃんです。これは嬉しいです。よーっしおいらも!と奮起しますがあいかわらず釣れるのはゴミばかり…。はじめに3匹目が釣れ、僕も根掛かりで2個目のウキをロストしたところで辛抱たまらず、はじめのとなりに入れてもらいます。ハリスにガン玉を段打ちして仕掛けの浮き上がりを抑えつつラインを張り気味にして待っているとウキがシモリました。ん?と思って軽くあわせると竿先にクンクンと微弱な反応が…。もう一回ゆっくりあわせるとまたもや弱々しい反応。掛かってるの?とリールを巻くと結構重いぞ!?おっ!きた!僕にも尺アジです。同時にはじめにも尺ちゃん。これまで掛かってきたアジ計5匹、すべて35cmオーバーです!ごんぶと君の聖地、須崎のAがかすんでしまいそう。
その後も尺アジが釣れ続けますが、残念ながら真鯛、黒鯛、メジナには出会えませんでした。明け方4:00、はじめはもう少しがんばれそうでしたが、僕が寒さと雨に負けてついに心が折れ撤収です。

[本日の釣果]
僕:マアジ 34~35cm 6匹
はじめ:マアジ 31~40cm 13匹
P2280104.jpg 満足げなはじめ君
  P2280105.jpg 獲物を車載クーラーに入れ替え中。いやあ大漁大漁。(^^)


いやあ、ほんとに尺以下はまったく釣れず、びっくりな釣果でした。水温的に、ちょうど大物のみ動き回れる位の冷たさだったのかな…。もう少しナギの良いときにまた行ってみようと思います。
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 10:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大漁

大漁って気持ちがいいね!
翌日の筋肉痛も軽い気がする!
また行きたくなっちゃうね。西伊豆探索!
ちなみに金山掘りすぎて山が変形したのは別のところのような気がしてきた。

| はじめ | 2010/03/01 16:58 | URL |

たしかに筋肉痛、軽い気がする!現金なものです。
西伊豆は遠いってイメージだったけど、そうでもないね。帰りは早かったしね!(運転もせず、ほとんど寝ていたからか…?申し訳ない!)

| Gatchan | 2010/03/01 17:05 | URL |

めちゃめちゃハードですね^_^;

私も雪や雨の中釣行したことはありますが、さすがに昼間です^_^;

マアジ美味しいでしょうね!

| かず郎 | 2010/03/01 22:07 | URL | ≫ EDIT

かず郎さん、コメントありがとうございます。
ふふふっ、とってもハードでしたよお!肉体的にも精神的にも!
でも、苦労して入ったところで釣れると、ご褒美をもらったようで嬉しさ倍増なんですよね!
冬の日本海もスゴいと聞いています。小里名人が「コマセが凍る」と書いていました…。
マアジは旨いですよ。冬場は脂タップリで磯臭さもありません。今回は珍しく大漁なのでいろいろ試してみようと思っています。
児島れいこさん、かわいいですよね(^^)v。

| Gatchan | 2010/03/01 22:56 | URL |

苦労して釣れたときの嬉しさ、わかります(^・^)

>>>冬の日本海もスゴ
ですが、そんなときは行きません(^^ゞ

寒ちぬも旨かったですよ。
この時期は釣果厳しいですが、釣れたらほんとご褒美ですね。

| かず郎 | 2010/03/02 22:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isoduriniiko.blog107.fc2.com/tb.php/15-c23d6064

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。