磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祇苗エボシ2番にて(11/4) 〜 みなさまのおかげです!

思いおこせば、18年前。
あの頃は若かった。体力も時間もあった。
でも金はなかった。
粗末な竿と、オレンジの救命胴衣。
初めての離島の荒波にビビりまくった。
でも楽しかった。
そして、20kgのヒラマサが釣れた。
そして、海に落とした…。

あれから、18年。
頭には白髪が混じり、腹は出た。
体重は1.5倍になり、体力は0.5倍になった。
金はそこそこあるが、時間はほとんどなくなった。
お悔やみ申し上げます。
今や、竿や装備は”玄人はだし”だ。
荒波にも動じることは無くなった。ただし、酔うけれど。
エボシなんざ、岩の割れ目の位置まで覚えている。
でも、青物は釣れなかった。
一匹も釣れなかった。
心よりお悔やみ申し上げます………。


はい、みなさま、お久しぶりでございます。Gatchanでございます。
いきなり、”きみまろ師匠風”にはじめさせていただきました。
そして、いきなりお写真でございます。
pb040304.jpg
苦節18年、ついに青物の稚鰤でございます。
まあ、18年といっても、実際にちゃんとした泳がせを開始したのは、2011年の夏ですから2年ですね。少々大げさでした。
でもまあ、いずれにせよ、ようやく泳がせ釣りで魚を釣れたのはうれしい限りです。では、そのご報告を。

10月末、M君と釣行予定でしたが、ダブル台風パンチで中止となりすっかり釣りのやる気が失せていました。しかし前日の朝、なんとなく釣り気分が盛り返してきました。そこでお仕事中のはじめ君に電話。彼も体調不良&天候不良によりノリはいまいち。でも、そこは釣りバカ、なんとなく釣行決定。賀寿丸の予約は僕、餌の手配ははじめ君ということで、なんとなく翌日の釣行が決定しました。

22:30東京出発。道中雨も降り、テンションはなんとなく上がりません。そして、僕の大チョンボが発覚!船長に空き状況の問い合わせはしたものの、「実際にお願いするかは後で電話します。」と言ったっきりすっかり忘れちゃってたのでした。夜中になっちゃった今更、船長に電話もできないので、下田港で仮眠しながら待ちます。天候が悪いせいか2〜3台の車が止まっているだけで、しかも車中に人の気配がしません。まさか、天候不良&客足不良でお休み!?
不安な仮眠をしながら、時刻は集合時刻の午前4時。しかし賀寿丸は現れません。
「こりゃあ、だめだな…。来たら起こして。」というはじめ君。確認を怠った僕に、静かに怒っています。とてもおっかないです。しかし、ドキドキしながら待つこと15分。なんとなく少々遅れた賀寿丸が到着!あーっ、よかったぁ。

[当日の海況]
天気:曇り時々雨のち晴れ
風向:西の風のち北東の風強い
波高:1.5〜2m うねりをともなう
潮位:大潮(満潮 5:55 164cm、干潮11:31 73cm、満潮17:09 166cm)
水温:23℃
旧暦:10月2日

磯割りはオネイモでしたが、西風、うねりがつよく渡礁困難。あげてもらったのはエボシ2番。

[本日のタックル](その1投げサビキ)
竿:ダイワ プレッサドライ 4号‐52遠投
リール:ダイワ モンスター尾長
道糸:サンヨーAPPLAUD Detail 6号
仕掛け:ウキ&おもり10号&Misakiショートサビキピンクスキン幹6号枝4号3本針、5本針

[本日のタックル](その2泳がせ)
竿:シマノ REAL POWER 石鯛[並継] MH500
リール:シマノ 海魂EV 4000T
道糸:VARIVAS Vermax石鯛 VA-G 24号
おもり:ナツメ10号
ハリス&ハリ:インターフック ヒラマサ18号 ハリス26〜30号

準備をしていると、1番と2番の間で潜っていたエビ網の漁師さんが、「カンパチいるよ〜」と教えてくれました。早速いつものセットでムロ釣り開始。しかし、荒々しい引きで上がってくるのはオキアジばかり。とすると1番のルアーの方に良型カンパチ。「はやくムロを釣らねば!」と気持ちが焦りますが、やはりヌルヌルオキアジ。はじめ君には、連れてきたマアジにショゴがヒット。気持ちがさらに焦ります。

しかし、躍起になってサビキを振り回しますが、ムロアジは一向にきません。雨もやむ気配がなく、かなりキビシい状況になってきました。そのまま3〜4時間が経過したお昼前、ようやくはじめ君のサビキにムロアジがヒット。ほぼ同時に、3番でフカセをしていたお客さんにもムロアジがきました。そして、なんとそのお客さん、有り難いことに僕らにムロアジを下さったのです!

僕ら3馬鹿の人間の間には、変な意地というか要らぬプライドというか、が存在します。
「いっぱい釣れたから持っていく?」…「いや、いい」、とか、
「竿、僕の使う?」…「いや、いい」とか。
もう、2〜30年の付き合いがあり家族同然なのに、妙に”かたくな”なところがあります。まさに、「屁の突っ張り」です。
今回も、もしはじめ君の釣ったムロだったら、最後の最後までいただかなかったでしょう。でも、これは、第三者の方からのあたたかい御厚意です。決して無駄にはできません。
これで、僕の得意技”他人のふんどしで相撲を取る”作戦の完璧な大義名分ができました!


大きめの活きの良いムロアジなので、ハリスを2本針にして鼻掛け&背掛けに。元気に泳ぎ、道糸が出て行きます。
「ビャー」
いいねいいね。どんどん泳げ!
「ビャー」
すごく元気だなあ。
「ビャー」
ん?
「ビャー」
来てるの???
軽くあわせてみるも、そんなに重くない。よくわかりません。はじめ君とムロを下さった3番の方が固唾をのんで見守っています。これでウツボだったらどうしよう…。変なプレッシャーです。
大きく走られることも無く、なんとなく巻いていると、なんとなくあがってきちゃいました。
しかし、水面下には青い魚体が!はじめ君に玉網入れしてもらって、無事ランディング。
IMG_1024.jpg
75cm 3.85kgのワラサでした!

[本日の釣果]
僕:ワラサ 75cm 3.85kg
  ナンヨウカイワリ
はじめ:ショゴ
    タカベ



みなさまのおかげで、ようやく泳がせ釣りで釣れました!本当に有り難うございました。
とくに、ムロを下さった、吉郎平丸のお客様、本当に有り難うございました。

ヒラマサ、カンパチではありませんでしたが、久しぶりの”大きな魚”でした。
そして場所も同じく”エボシ”。ここには何かしら縁があるのでしょう。
これで95年の”ヒラマサの呪い”から解き放たれたものと思われます!
次はヒラマサ、カンパチだ〜!


にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへにほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 12:32 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。