磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南伊豆大瀬黒根にて(5/30)~癒しを求めて

5月30日(水)平日ですが、職場の創立記念日休みを利用して南伊豆に行ってきました。今回は僕一人の単独釣行。狙いはイサキです。ここのところ仕事上のストレスが溜まっていたので、おおいにストレス発散しましょう!

29日23:00東京出発。三島の田中屋さんでコマセを購入。親父さんとこんなやりとり。
「今日はどこいくの?」
「大瀬にイサキ釣りに行きます。今年、まだ釣ってないから(去年も釣ってないけど…)。」
「南行きゃあ釣れるだろうけど、こないだ俺、伊浜の夜釣りで21枚しかつれなかったなあ。」
「そんだけ釣れりゃあいいじゃないですか!?」
「(にやり、としながら)いやあ、それじゃあダメだなぁ。」
21枚でなにがダメなのでしょう?さっぱり意味が分かりません。でも、きっとこのあたりが僕のなかなか釣りが上達しない理由なのでしょう。向上心、向学心が欠如しているのでしょうね。
それはともかく、うまい具合に気分が煽られて南伊豆へ。

お世話になるのは、ほぼ3年ぶり、M君の壮行釣会以来となる大瀬菊水荘は菊一丸さんです。
IMG_0284.jpg 玄関では大勢のにゃんこたち(10匹はいる!)のお出迎え。
心配された雨も出船の4:00にはちょうどやみ、海も穏やかです。
[当日の海況]
天気:晴れときどき曇り
風向:東の風
波高:1.5m
潮位:長潮(干潮 6:37 69cm、満潮 12:33 118cm)
水温:23℃

本日のお客さんは僕一人。さすが平日、なんだかチャーターしたみたいで気分が良いです。渡してもらったのは黒根。大瀬の磯のなかでは最も沖に位置する良い磯です。「ここでイサギでなかったら、他のどこも出ないよ!」との船長のお墨付き。
IMG_0274.jpg IMG_0269.jpg 黒根より牛ヶ瀬群礁をのぞむ
菊一丸のチャカ付けは“タッチのふりしてノータッチ”式。(←王様ゲームでしなかった?)一人なのでちょっとドキドキするも無事磯の上へ。さあ、イサキ狙いで4:30プレイボール!
[本日のタックル]
竿:がまかつ アテンダーII 1.5号-53
リール:ダイワ トーナメントISO-Z2000LBD
道糸:ダイワ アストロングレイトNT1.85号
ウキ:ダイワ 丹羽ウキ L-0
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム1.85号
はり:オーナー 剣華グレX 6号
コマセ:オキアミ 12kg、アミ 2kg
配合餌:ダイワ アミノXグレ 遠投
付け餌:マルキュー くわせオキアミスーパーハード L
    ヒロキュー 生イキくんツインパック L
陸向きの東端、船付けで開始。潮は東から石廊崎に向かってゆっくり流れています。風は東からで、若干強いですが我慢ならぬほどではなし。少々うねりがありますが、こちらも我慢ならぬほどではなし。コンディションはまずますです。が、全くの無反応。1時間ほど経過した6時頃、ようやく本日の初ヒット。
IMG_0275.jpg あら、かわいい!
ちびっ子尾長くん。やっかいな餌取りですが、ネンブツダイと違って、なぜか憎めません。さらにもう一匹。
「さあさあ、子供はお家におかえり。」と優しくリリース。するとお次ぎはこの方。
IMG_0276.jpg 
34cmの口太くん。
「君は帰ってはダメ!」とキープ。立て続けに30cm。こちらはリリース。イサキはきませんが、とりあえず活性はあがってきた様子。さあ、これから!と意気込みますが、あれれ!?潮が止まっちゃいました。ウキがぴくりとも流れません。するとメジナもぱったりと来なくなっちゃいました…。
8時頃からは、ひたすら忍耐の時間でした。海鳥の家族がやってきてコマセをつついています。なんだか飼育係になったよう…。
IMG_0281.jpg 「さあ、みんな。ごちそうだよ!」じゃねーよ!
この食い意地のはった鳥達、浮いているコマセだけではなく海中のコマセも潜って食っています。あげくに付け餌にまで手を出す始末。しっかり口にかかって釣れちゃいました…。
鳥達と戯れながら4時間が経過。いよいよ辛抱たまらん状態になってきたところで、ようやく潮がとろとろ動き出しました。すると久々のアタリ!
IMG_0282.jpg お前か! 
暴れながらあがってきたのは40cmのサンノジ。するとこれを機にアタリが続きます。活性が戻ってきました。
バラシx1、35cmのサンノジ、バラシx2、32cmの口太(キープ)、そして最後は高切れにておよそ1時間のフィーバータイム終了。その後はまた静かな海に戻って、14:00ゲームセットです。
[本日の釣果]
尾長メジナ 手のひらサイズ 2匹
口太メジナ 34cm568g、32cm 536g、30cm 計3匹 
ニザダイ 40cm、35cm 計2匹
鳥 1m(翼をひろげて) 1匹 


今回お世話になった菊水荘の菊一丸さんに、はじめてお世話になったのは17年前、まさに僕が釣りをはじめた時でした。ちなみに、このブログの過去の記事神津島の奇跡で神津の噂を聞く舞台となった「ある渡船屋さん」とはこの菊水荘です。船長は、ニコニコと愛想が良いわけではありませんが、当時からとても優しく丁寧な人柄で、“き○まる”や“さ○げんや”の船長みたいにおっかなくありませんでした(両船長とも本当は良い人ですけど!)。「おっかなくない渡船屋」=「良い渡船屋」ということで最初の頃はよく通っていたので、僕にとってはなんだか生まれ故郷のような場所なのです。M君の壮行会の場所選びも「僕らは大瀬ではじまったようなものなのだから、記念にする場所としては良いのではないか?」という理由で決めたほどです。
故郷の宿命で、最近は時間的体力的余裕がなくなったこともあり足が遠のいていたのですが、今回久しぶりに行ったら、なんだか里帰りしたような気持ちになりました。
IMG_0285.jpg
釣りから帰ってくると、「お疲れ様」といって冷たい麦茶とトコロテンを用意してくれました。そして帰りしな、「道中気をつけて。これ持ってって。眠気覚ましになるでしょう。」とみかんを2個いただきました。僕の実家は東京なので田舎はありませんが、お盆に帰省するっていうのはきっとこんな感じなのかな…。
目標のイサキは釣れませんでしたが、とても癒された1日でした!


にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 18:37 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。