磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南伊豆伊浜ナデコミにて(1/29) ~ T.K.O.!

1月29日(日)、はじめ君と南伊豆に釣行。場所は初めていく伊浜です。
伊浜といえば、東京から見て伊豆半島の反対側、半島周りでも最も遠いところで、なかなか行けるチャンスがありませんでした。お世話になったのは、宝洋丸さん。大船長、若船長ともに、とても感じが良いです。
渡船屋の船長というと、たいがい「口は悪いけど、いいひと」とか、「顔はいかついけど、優しい」とか、「朝はおっかないけど、夕方は機嫌いい」とか、そんな“けど”系キャラの人が多いですが、この船長さんたちは「物腰も丁寧だし、優しい」。初めての渡船屋さんは色々な意味で緊張するものですが、今日はとても気持ちよく釣りにのぞめそう!

P1290752.jpg まだ薄暗いうちに出港。

渡してもらったのは、「ナデコミ」という磯。広々しており、足場も良い地磯です。
P1290760.jpg P1290756.jpg 二人で広々。

[当日の海況]
天気:くもり時々雪か雨、のち晴れ
風向:東の風のち北東の風やや強い
波高:2m
潮位:小潮(満潮 8:36 143cm、干潮 14:58 53cm)
水温:17~15℃

狙いは、T.K.O.(真鯛、口太、尾長)!といっても、八丈でも釣れてすっかり虜になった真鯛が本命。メジナはあくまで抑え。尾長はともかく、口太も「釣れたら釣れたで良し。」とします。(←上からGatchan様)
というわけで、大型ピンクを狙って、7:00プレイボール!と思ったら、珍客登場!
P1290765.jpg お前たち、なんか食いモン持ってねか?

視界の隅で茶色い生物が動きました。ネコかと思いきやサル!なんと僕の磯バッグを物色しようと手をのばしています!
「ゴルアッ!!」と威嚇すると逃げていき、幸い被害は無し。まあ、彼らの居場所に入ってきているのは僕らです。でも、盗みはやめてね…。

P1290762.jpg 「ここは今日は俺らの縄張りじゃい!」とガンをとばすボスザル、じゃなかった、はじめ君。

ちなみにはじめ君の学生時代のあだ名は本当に“ボスザル”でした。

というわけで、気を取り直して、プレイボール!

[本日のタックル]
竿:ダイワ シデンメガディス 1.85号-53
リール:ダイワ トーナメントISO-Z3000LBD
道糸:ダイワ アストロングレイトNT3.25号
ウキ:DUEL 天狗ウキナビュー M/-~+ S/-~+
    丹羽ウキ LL 0~5B号
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム3.25号
はり:がまかつ TKO 5~8号

天候は雪混じりの雨がぱらつく寒々とした曇り。風はそんなに強くはありません。潮は左から右へ流れています。僕は竿1本半からウキをしもらせて深棚を狙う作戦。すると開始早々、今日は口太狙いのはじめ君にヒット。30cm級の口太です。
八丈の口太はいまいちのお味でしたが、あれから季節も進み、ここは八丈より水温の低い半島周り。まずます太っていて美味しそうな口太くん。
一方の僕は反応なし。しかし僕の狙いはあくまで赤いやつです。
「…(ほう、型は小さいけど結構うまそうじゃん。)…」と内心思います。
しばらくすると、はじめ君、またもや同型をゲット。
「…(まあ、君は口太君たちと遊んでいるがいいさ。)…」と内心思います。
さらにはじめ君、同型を追加。
「…(はいはい。もうわかったから。)…」と内心思います。
そしてもう一匹。
「…(いまに見てろよ!ぎゃふんと言わせちゃる!!)…」と内心思います。
おまけに良型のウマヅラハギ。
P1290759.jpg キモがうまいぞ~
「…(……)…」

はっと気がついたら、2号を巻いたリールに手を伸ばしていました!
「(いかん、いかん。今日は真鯛なのだ!)」と我に返り、深棚勝負を続けます。が、反応なし。気温もまったく上がらず、指先がかじかんで動きません。ここで第1ピリオド終了。お約束のカップラーメンタイムに。

P1290755.jpg  これが P1290757.jpg こうなる。側面のマークが黄色くなったら沸いたお知らせ!

ラーメンで暖まり、やる気も回復。第2ピリオドの開始です。しかし、なんだか水温が朝より下がった気がします(実際、17度から15度になっていたとの船長情報)。はじめ君も不調に。あげくにかじかんだ手から竿が滑り落ちリールを破損したと。ベールが曲がってしまったようです。最近の彼は、失くしたりぶっ壊したり、まったくの乱暴者ですな。そんなこんなでほとんど反応なく、第2ピリオド終了です。

すると、宝洋丸がお弁当を届けてくれました。あたたかいおにぎり3個とお茶、ゆで卵にたくあん。そしてなんとホイルにくるまれたアジの開き!こんな弁当は初めて。少々面喰いましたがおいしく完食。「うちのおにぎりは新米だからよう!」と大船長。ごちそう様でした!(ちなみにお弁当代500円です)

さあ、最終ピリオドの開始です。風がおさまり、曇っていた空も少し明るくなりました。気温も上がってきたようで、こころなしか水温も上がった感じ。(実際も17度台に戻っていたとのこと)
すると流していたウキに軽い反応が。「(きた!)」と思ってあわせた瞬間、ズバッと潜られました。かなりのパワーです。何とかしのいで寄せようとすると、またもやズバッと潜られ、今度は根に入り込まれた感じ。引っ張り出そうとするも高切れ…。ガックシ…。う~ん、真鯛?石鯛?なんだったのだろう…。いずれにしても“それをとらなきゃダメだよう”ってやつですね…。

その後、お土産確保のため口太狙いに切り替えるも、時すでに遅し。再再度の水温低下に見舞われ無反応の海に…。
結局、T.K.O.(真鯛、口太、尾長)狙いでしたが、T.K.O.(Technical Knock Out)に終わったのでした。

おあとがよろしいようで。

[本日の釣果]
僕:ぐりんぐりん
はじめ:口太メジナ 30cm前後 6匹
     ウマヅラハギ 35cm 1匹

にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 17:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。