磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仁科地磯にて夜釣り(7/16) ~ 心機一転できず…

すっかり梅雨も明け、いよいよ夏本番です。暦も7月に入り、今年も後半戦がスタートです!7月16日、伊豆で夜釣りをしてきましたので、そのご報告です。

当初、目的地は外浦。いなり丸さんのお世話になる予定でした。今回もはじめ君と一緒ですが、特別ゲストが二人。はじめ君の職場の後輩、o君とu君も同行です。はじめ君曰く、「日頃ストレスの溜まった後輩たちのガス抜きである!」とのことですが、ふたりとも釣り歴はあまりなしの上、いきなりの夜釣りです。まあ、先輩(はじめ君)に逆らえずってところでしょう。ほぼ“拉致”ですね…

僕はひとりで12:30東京発。はじめ君は後輩たちを拉致…じゃなかった、ピックアップするため13:30東京発となりました。しかし、連休前の大渋滞…。遅れてくるはじめ君たちのため、先発した僕が4名分の夜釣りコマセを大量購入、下田で彼らの到着を待つことにします。しかし…台風のうねりにより無情の出船中止
大量のコマセ(オキアミ5枚、アミ20kg、配合餌3袋、その他もろもろ)をかかえ、下田で途方にくれます。
DSC_0069.jpg 外浦なら大丈夫だと思ったのだが…結構うねってました…。

相談の結果、南は厳しいだろう、との判断で、結局向かった先は仁科。しかし、大量コマセを背負ってのいつもの地磯歩き(20分)は死亡するのが火を見るより明らかなので、いつもの磯のおとなり、入磯超楽地磯にてプレイボール!
DSC_0071.jpg 遠くの岩、見たことあるでしょう!?

[当日の海況]
天気:晴れ時々曇り
風向:南の風のち東の風
波高:2mのち2.5mうねりをともなう
潮位:大潮(満潮 18:50 158cm、5:41 160㎝、干潮 0:12 85cm)
水温:26℃

[本日のタックル](その1)
竿:ダイワ トーナメントマスタードライ 1.75号53HR
リール:ダイワ トーナメント3000LBD
道糸:シマノ POTENSSIVE FIREBLOOD 4号
ウキ:釣研 電輝円錐 0/G2/B
ハリス:ダイワ タフロングレートカスタム 4/3.25/2.5号
ハリ:キンリュウ グレ(メジナ) 5~8号
付け餌:ヒロキュー 闘魂オキアミ ツインパック L
コマセ:オキアミ9kg+アミ8kg
配合餌:マルキュー 夜釣りパワー白

ウネリは岬のおかげでまったくなし。釣り座は、前下がり&凸凹岩のせいで若干足場不良ですが、4名なら広々使えます。開始早々、u君にネンブツダイ。ほどなく僕にもネンブツダイ。遠く、近く、いろいろ探りますが、ネンブツのみ。しかし、「喰える魚を必ずお持ち帰り」しなければならない僕には、ネンブツ君と遊んでいる暇はありません。「そろそろ、久しぶりのカゴ屋さんになるか?」と悩んでいると、はじめ君に良いアタリが!
僕のおニューの玉網で掬われたのは…、
超弩級のジャンボイサキ!!!
P7160623.jpg  なんと、46㎝、1.2㎏です!ご立派!
調子に乗ったはじめ君、その後も時価4~5Kクラスの“ザリガニ”まで釣りあげ、「いやあ、今日は元をとったぞ!」と御満悦です。
ちなみに、以前、こんなことがありました。
八丈島ではじめ君の新品の玉網でイシガキフグを掬った僕。その時はじめ君はいたくご立腹でした。
はじめ君「今日、おろしたばっかりなんだよ!フグかよ!!」
僕「え~!?別にいいじゃん。」
その時は正直、ケチなこと言わないの!気にもしませんでしたが、いざ、自分がやられてみるとこれは結構ダメージを受けます。手塩にかけて育てた娘が(いないけど…)へんな男に取られちゃったような…。えも言われぬ悔しさに襲われます。

いろいろな意味でうちのめされた僕…。ついにフカセに見切りをつけ、カゴに鞍替えしました。

[本日のタックル](その2)
竿:がまかつ 慶良間スペシャル 4号-5.0m
リール:シマノ BB-X尾長スペシャル 6000D
道糸:サンヨー Applaud Detail 6号
ウキ:YO-ZURI 秋桜 6-2号
カゴ:YO-ZURI 遠投コマセカゴ 片天秤付
ハリス:シマノ POTENSSIVE FIREBLOOD 6号
ハリ:キンリュウ グレ(メジナ) 7号
付け餌:ヒロキュー 闘魂オキアミ ツインパック L

久しぶりのカゴ投げ。昔、釣りを始めたころは、フカセで釣れないと、すぐカゴを投げていました。ほかのみんなが一生懸命フカセで足元にコマセをうち、魚を寄せようと頑張っているそばから、ぴょ~んとカゴを投げてはひんしゅくを買っていたものです。でも、「喰える魚を必ずお持ち帰り」しなければならないのでやむを得ません。

沖にポイントを作るべく、立て続けに5連投………無反応。

さらに粘って、5投…………………………無反応。

なにくそ!と、5投………………無反応。

すっかり、飽きちゃいました…。


結局フカセにもどり、再びネンブツ地獄に身を投じます。
すると、ネンブツのなかから上がってきたのは、子サバ(10㎝)。

やった~!!!!サバは「喰える魚」です!思い返せば、今年の釣り初め、1月9日八丈島セイズコウのシマアジ以来の、“スーパーで売ってる”魚です!!じつに188日ぶりです!!!よっしゃ~!!!!!

………と、無理やり気分を上げようと頑張りますが、盛り上がる訳もなく…………

明け方まで粘るも、このままゲームセット!
「だめだ、こりゃ!」(by 長介) 

[本日の釣果]
僕:ネンブツダイ、子サバ、ハタンポ 多数
はじめ:イサキ 46㎝、1.2㎏(チーム記録!)
    海のザリガニ 4000円相当(チーム記録!)
o君&u君:ネンブツダイ、子サバ 多数



おまけ!
好評の動画シリーズ、第2弾です!
超ジャンボイサキの神経締めの様子をご覧いただきましょう。中通しワイヤーを使用していますが、まったく問題なく締めることができましたよ。締まると体色が変わっていきます。

[広告] VPS


おまけ2!

P7170627.jpg

帰り道、きれいな写真が撮れました。富士山と駿河湾が慰めてくれます。

にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 09:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。