磯釣りどうでしょう

How do you like iso-fishing?

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石取根のタカベじいさん

1995年7月。石取根、表本場。
手石港のひがし丸さんのお世話になって初夏の石取根へ。ひがし丸さんは田牛の大根で、初めてイサキを釣らせてもらった渡船屋さん。若船長も優しく、素人の僕にも心地よい釣りができるので大好きです。この日もイサキを狙って出撃です。

[当日の装備]
装備1 G○ttの竿ケース。中身は1.5号竿一本のみ。玉柄もチャランボも入っていません。(ていうか持ってません)
装備2 アディダスのリュックの中にタックルボックス。中身は数百円のウキ数個、ハリスと針、パーツが少々。
装備3 G○ttのバッカン&水汲みバケツ
以上です。クーラーも持ってませんでした。あの頃は弁当も水もはじめ君のクーラーに入れてもらってましたねえ…。(いやあ、この軽装備なら釣りも楽だな。はじめ君、ご苦労!)

天気は上々、視界良好、波穏やかです。さあ、プレイボール!…しかし、お約束のライントラブル。仕掛け作りにも長時間を要し、はじめ君にだいぶ遅れてようやく第1投です。そして、いきなりのドラマが!…そうそう起こるわけありません。夏磯の風物詩、エサ取りの猛襲をうけ、付けエサは瞬殺…釣技の引き出しもない初心者の僕には(今もないけど)お手上げ状態になってしまいました。それでもめげずに頑張っていると、待望の良いアタリ!あがってきたのは25cm級のしましまのお魚。はじめ君に「シマダイ、石鯛の子供だよ」と教えられ、「おお、石鯛!?磯の王者だ!」と、おおよろこびの僕。はじめ君には「え?もって帰るんだ…」と疑われましたが「だって、鯛だもん」と当然のようにキープし(今なら放流しますよ!)、かわいそうな幼い犠牲者をクーラーに放り込んでご満悦です。

満足げにタバコをふかしながら周りを眺めていると、なんだか騒がしい人たちに気づきました。
それは、僕らの隣で竿を出していたご年配の二人組で、麦藁帽子に首から手ぬぐいを掛け、小汚い(失礼!)ズボンに磯ブーツ。まるで裏の畑に農作業にきたような格好。石取根といえば下田沖磯群を代表する磯、(僕以外の)ほかの釣り人たちがバシッと装備、服装を決めている中で、このじいさんたちは明らかに異質な存在でした。(ど素人の僕が言うのもなんですが…)
じいさんA「うほ~、爆釣だぞお~!ひゃっひゃっひゃ~」
じいさんB「今日は、すげえなあ!」
じいさんA「おう、こりゃあ入れ食いだあ!うひゃひゃひゃ」
じいさんB「だなあ!うひゃひゃひゃひゃ」
竿は延べ竿で固定の球ウキ、小躍りするようなヒョイっというしぐさでアワセを入れてはポンポンとタカベを釣りあげています。
なんとなく拍子抜けしながら自分の釣りに戻り、その後も頑張りますがなかなか釣果はあがりません。しばらく粘るも飽きてしまい、だめだこりゃ、と竿を置くと休憩中のじいさんAと目があいました。
じいさんA「どうだね~?」
僕「いやあ、厳しいですねえ」
じいさんA「兄ちゃんもタカベやんなよお、よく釣れるよお~」
僕「はあ…(あんな黄色い魚、釣りに来たんじゃないよ!)」
するとじいさんA、「これ、やっからよう」と、僕に仕掛けセットをくれました。“万能球ウキセット、金袖替針2本付き”でした。
僕「…ありがとうございます。でも、僕の竿、磯竿だから…」
じいさんA「大丈夫だよお、おんなじおんなじ!」
僕「…」
じいさんA「どれ、貸してみっぺ」と僕の竿の仕掛けを取り換え、さらには「そうだ!餌はあっか?これもやるべ」と付け餌用のアミエビもくださったのでした。
(イサキ、釣りに来たんだけどなあ…)と複雑な心境でいると、じいさんA「これで爆釣だよお!タカベ、うまいど~」とニコニコ顔。そして「じゃあ、頑張ってねえ!」とご自分の釣りに戻って行きました。

ここまでしていただいた親切を無下にお断りは出来ません。その後は撤収までタカベを釣りました…が、僕は上手くアワセられず、結局全く釣れませんでしたとさ…。


僕はそもそも愛想がよくありません。自分では普通の気持ちでも人からは「機嫌悪い?」と怖がられる人相です。なのに、釣り場ではいろいろな先輩方からお声をかけていただき優しい指導をいただきました。本当に有難いことです。都会では隣に住む人の顔もわからぬ世知辛い世の中ですが、僕もいつかそういう良い先輩になりたいものです。


余談:こんなやり取り中、はじめ君はやっぱりそしらぬ顔をしていました。
   思ったんだけど、僕がいろいろ助けてもらっていたのは、君に放置されていたからじゃね?


にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 釣行記 | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。